微調整ツール

微調整ツールを使うと、複数のオブジェクトにまとめて微調整を加えることができます。微調整ツールを使うには、まず微調整したいオブジェクトやグループを選択してから微調整ツールを選択し、オブジェクトの上でドラッグまたはShift+ドラッグします。マウスを大きく動かすほど、または早く動かすほど、オブジェクトの変化が大きくなります。

微調整ツールには調整する種類によってモードがあり、ツールコントロールバーのアイコンまたはショートカットキーで選択できます。

分類機能ショートカットキー
オブジェクトの調整 移動  Shift+M
接近/離散  Shift+I
ランダム  Shift+Z
縮小/拡大  Shift+< または Shift+>
回転  Shift+[ または Shift+]
複製/削除  Shift+D
ぼかし  Shift+B
パスの調整 押し曲げ  Shift+P
収縮/膨張  Shift+S
引き寄せ/押し出し  Shift+A
ラフ  Shift+R
色の調整 着色  Shift+C
色を揺らす  Shift+J

「幅」では微調整の対象とする領域の幅を1~100の値で指定します。幅はマウスカーソル周辺に円で表示されます。キャンバスを拡大したり縮小したりしても、この幅は表示どおりで固定です。

幅: 1 幅: 10 幅: 20
3dbox-tool-width1 3dbox-tool-width10 3dbox-tool-width20

「強さ」では、微調整アクションの強さを1~100の値で指定します。数字が大きいほどマウス移動に対する感度が高くなります。つまり数字が大きいほど、同じマウスの動かし方でもオブジェクトの変化が大きくなります。「強さ」のスライドバー右側にある トグルボタンをONにすると、入力デバイスの筆圧を感度に反映させます。

最終更新: 2013-03-29 21:46:58